小悪魔兄のma-坊です。小悪魔のレナです。悪魔兄妹で恋愛を語ります。


by ma-bou-renai
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログma-坊昔話

モトカノの話を書いてみようと思った。

きっかけは この人 

不快な表現や引く事もあるかもしれないので注意が必要です。

スルーしてくれて構いません。






モトカノは23歳の時に知り合いました。まだ大学生の頃

モトカノは4歳年下で彼女も学生でした、看護婦の卵でした。

きっかけは、故意みたいなものだったと思う。もしくは寂しかっただけ・・・

結局、5年くらい一緒の時間を過ごしました。

毎日、電話して、メールして、遊んで、たぶん人生の中で一番楽しかったと思う。


モトカノが社会に出たときに一人暮らしを始めた、付き合い始めて3年くらいたった時だと思う。

家も近所になり、毎日会えるようになった、看護婦という仕事柄、時間は不規則な彼女の生活、
なにげに泊まる事も多くなり、半同棲生活から、同棲に変わるのにそれほど時間はかからなったと思う。

好きな人がいつも隣にいる、『ただいま』 『おかえり』 今、思い出すとホントに幸せだった・・・


いつしか、結婚という事も現実に見えてきた、いつかは結婚したいねとお互いに思っていたはずだと記憶している、実際、モトカノの周りでも結婚する子は何人もいたのは事実だ。

この楽しい生活が一生続くものだと思っていた。


二人の荷物が多くなってきて、部屋が狭くなってきたと感じながらも、いつでも触れ合える距離感も捨てがたかったが・・・引越しと、結婚のタイミングを見計らっていたオレ。

モトカノの誕生日に両方を切り出した、









引越しは賛成・・・・・・・・・・・しかし、結婚は先送りとなった。



二人で物件を探す楽しさ、家賃、場所、最高の物件が見つかり、契約直前まで行った時に




事件は起こった。



















夕飯の買い物に出かけたまま、帰ってこないモトカノ・・・・・














どれくらい時間が流れただろう、2,3時間待ったかもしれない。











ガチャ









あー帰ってきた。と思ったが今にも泣きそうな顔で帰ってきたと思ったら

突然、泣きながら







『ごめんなさい。』










頭が真っ白になった

意味がわからない


沈黙の後、モトカノが口を開く









『実は・・・・・好きな人が・・・・・・医者で・・・・・・・・・・・結婚してて・・・・・・・・・・』








すべて理解できたが、受け入れられない自分がいた。






その頃のモトカノの携帯は電源が切られている事が多く、連絡が取れない。

仕事から戻るのが遅い。

夜の生活も拒まれる事が多い。


『仕事が忙しい』 

『疲れてるの』

という言葉をたくさん聞いた。

でも、信じていた。





不倫



愛人




モトカノにはとても似合わない言葉だった・・・・




真面目



誠実



が似合い、実際にそうして生きてきたであろうモトカノの人生





実際、不倫経験はオレもある。
旦那が乗り込んできた修羅場も経験した。

不倫をしている時の気持ちもよくわかると思う。

でも、何も残らない事も知っている。


モトカノにはそうなって欲しくなかったが

医者の『愛してる』というむしずの走る言葉に酔いしれているモトカノにオレの声など届きはしない。

むしろ障害物であるオレの存在は二人の関係をより熱くするだけのものだと思う。


でも、医者と看護婦の不倫なんてよくある話、でも目の前にあるどうしようもない現実。



幸せの絶頂から落とされた、言葉にならない感覚



それでも別れを切り出せなったのは、なんだ?

大事な人を愛人の立場にしたくないのか?

捨てられるのが悔しいだけか?

愛情が残っていたのかわからない・・・・・


届かない言葉を投げかけ続ける・・・・・



でも、素直に笑えなくなった事実、傷つけあうだけの関係になったのだろう。


冷静になるには時間がかかった。





恋愛にタブーはあるのか?
男が追いかけたる瞬間




きっとそれ以外にもたくさんの事を思ったと思う。


結果、数日間、一人でホテルで暮らした。

その後、二人で住むはずの部屋をキャンセルし、一人で住む部屋を探してもらった。


モトカノは不倫は終わったと言っていたがホントの事はもうわからない。





先日、ラジオの川柳のコーナーで


『風呂上り、はだかでビールを飲み干す嫁』

よく覚えていないがこんなの言っていた。


別れてからも荷物や、多少の用事で会う機会は何度かあった

その時の光景

玄関先から見えた台所のビール

オレの知っているモトカノは決して飲まないであろうビール

はだかとビールというキーワードで突然の



フラッシュバック




不快感があるのは、なんだろう。






どうやら、恋愛はまだ時間がかかるらしい。


あれから、1年と2ヶ月・・・・・


まだ、素直に幸せになってくださいとは思えないらしい。






仕事も変えた、新しい土地に引越しもした。

何か変わるかなと思ったが、たかがラジオで思い出すとは

まだまだ、だな。





もし、ここまで読んでくれた人がいるならば、申し訳ないと思います。

こんなこと書くことじゃないと思っています。

そして、ぜんぜん、まとまってないとも思います。

まだまだ、書きたいことあるけど、ぜんぜん、まとまらないから
もういいやって思っている所です。
だって、書くと思い出すから、書いてて不快!

だから、読んでるあなたはもっと不快だと思う。


ごめんなさい。



あと、本人、いたって平気です。前向きです。出会いたくさん欲しいです。


読んでくれた方

ありがとうございます。
[PR]
by ma-bou-renai | 2005-04-30 02:02 | ma-坊の恋愛