小悪魔兄のma-坊です。小悪魔のレナです。悪魔兄妹で恋愛を語ります。


by ma-bou-renai
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

前の彼氏を忘れていない彼女

こんばんは、ma-坊です。

大学生と女子高生の恋愛ゴッコ・・・

まだ、何も知らない二人の物語





その子との出会いはバイト先の子の紹介だった・・・

仲間も含め、みんなで遊んでいた。

カラオケ、ボーリング、ただ、だらだらしたり。


その子と出合った時、その子には同級生の彼氏がいた。

とても、仲が良いらしく、いつも自慢していた。



しかし、ある日別れてしまったらしい・・・・





憂さ晴らしパーティーも何回かやった、ちょうど夏休みだったと思う。




オレと、親密な関係になるのに時間は掛からなかった。




新しい彼氏できたよ。


大学生で一人暮らし、クルマも持ってて、デートはドライブ~



女子高生にしたら十分友達に自慢できる彼氏を演じていたと思う。




しかし、カラダの関係は数えるほどもなかった

特に、求めもしなかったと思う、なるべくしないようにしていた。

彼女が時折見せる寂しそうな横顔がブレーキを掛けてくれた。





楽しかった夏休みも終わり、いつもの学校生活が始まる。

こっちとしてはさほど変わらない生活をしていたのだが・・・・

彼女には大きな違いがあった。




元彼




毎日、顔を合わす。




元彼に彼女が出来たのは夏休みの事、真実なのか、噂なのかはわからない。



2人の間の事はよくわからないが、付き合いは長いらしい。




いつものように、まったり過ごしていたのだか・・・



突然彼女があやまりだした。



『ごめんなさい。』


『ワタシを振ってください。』


『あんまり、優しくしないでください。』


理由はわかりきっている。



元彼の元に戻りたいのだ・・・・


夏に出来た彼女と別れたらしい。




オレの遊びクセは知っていた彼女、元彼への腹いせにオレの所にきた彼女。

どうやら、優しくしすぎたらしい。





『いいよ、別れよ。』





最後に出来た精一杯のやさしさなんだろう。


元彼の元に帰してあげるのが、オレに出来る最後のやさしさ。



『ホントに好きになった時もあったんだよ。』


彼女からの最後のやさしさをもらった。






その後の二人の事はよく知らない。



彼女が卒業してから、再会した。

夢だった仕事につけたのを聞いて。


『よかったね。』


とだけ答えた。


どうやら、幸せに暮らしているらしい。




ひと夏の恋愛ゴッコだったけど




やっぱり、結ばれる2人が結ばれるハッピーエンドもたまにはいい。
[PR]
by ma-bou-renai | 2005-05-13 00:46 | ma-坊の恋愛